スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.22 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

DEAD LINEのSOLOは毎回違う!

何を言っているのか?訳がわからないと思うが

実際にこのBLOGは自分のひと握りのFANしか

見ていないから、当然、こう言うコアな話題に

なるのはしょうがない。許してほしいのです。

 

アーティスト名、SWEETELFのREVOLUTION

のALBUM(二子玉川rise島村楽器で発売中!)の

3曲目にDEAD LINEという曲がある。この曲

はアルバムではオーケストラアレンジなのだが

たとえば自由が丘OTTOのアコースティックの

LIVEでは生ギターとエレキの2本だけの編成

でやっている。

 

途中の間奏ソロが16BARあって、そこを毎回

ウサを晴らすように、軽いディストーション

(Providense)を踏んで弾きちぎっている。

プロのタクローくんからも毎回、イイね!と

褒められるけど、どう弾いたかはほとんど

覚えていない。

 

でも必ず最後のBm7♭5からE7に抜ける下り

は同じフレーズを使っている。多分みんなは

このキメのフレーズが印象に残るに違いない

 

そう、あのTOTOのギタリストの使う独自の

運指によるフレーズと同じ発想のキメ技だ。

初見ではちと辛い左手4番と5番でしか弾け

ないフレーズが、カッコイイと言われる理由

なのだと確信して、意識的に使っています。

 

自分のCDでは「The value of the life 」の

Blues Greenの中で使っています。キーが

Bmに変わりますが(DEAD LINEはAm)フレ

ットが7から5に変わるだけで、運指の関係

は変わりません。

 

最後まで、何言ってるのか?よく分からず、

本当にごめんなさい。気になる人は、CDを

聴いてみて、HAKKEN RECORDSのサイト

からメールでお便りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.06.22 Thursday
  • -
  • 09:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


■Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

■Selected entries

■Archives

■Links

■Profile

■Search this site.

■Others

■Mobile

qrcode

■PR